「注文住宅」と「建売住宅」の違いとは?

一戸建てには「注文住宅」と「建売住宅」があります。注文住宅は土地を購入し、建築会社や設計者に希望の家を建ててもらって建てる家ということになります。設計者や施工会社などを自分で自由に選べるのが魅力です。ただし「建築条件付き」という土地の場合は、施工会社があらかじめ指定されているため注意が必要です。このように注文住宅は自由度が高いため「このような家を建てたい」という理想がある人にとって選択したい家と言えるかもしれません。一方、建売住宅は、土地とセットで家を購入する方式を指します。買い手の希望に沿って家を建てるのではなく、不動産会社などの売り主の意向で家が建てられて、買い手は出来上がった家を見て、購入するかどうか決めることになります。すでに家があるため、買い手にとっては自由度がありません。その代り、どのような家なのか購入前に具体的に知ることができるというメリットがあります。買った後で失敗したと思うことが少ないでしょう。