我が家は、家に対する憧れが強く木造の家の注文住宅を建てました。
間取りに対する、こだわりも強く設計の段階で深く主人が関わりました。
そのため、主人の夢が反映された家になり出来上がった時に少し生活がしにくい部分が発生しました。
家には、仕切りがなくオープンな家にしたいという主人の意向が強く仕切りのない家にしました。
そのため、お客さんが家に来た時に家の中を全部見られてしまいますし、冷暖房が効きにくく光熱費が高い家になってしまいました。
結果的には、後付けでアコーディオンカーテンを設置することになり余分な費用が掛かってしまいました。
家は、多くの人が一生に一度の買い物になります。
そのため、夢を叶えるために注文住宅にする人も多いです。
我が家も、そうでしたが夢と現実は少し違いあまり夢を入れすぎると生活がしにくい家になってしまうことがあります。
そのため、生活するうえでのこともしっかりと考えて注文住宅を建てることが大切だと思います。