凝ったつくりの家にしたことを反省してます

注文住宅で家を建てた経験があります。マイホームを持つことに夢を持っていたため、気合を入れて家づくりに取り組みました。たくさん家の写真を見て、自分なりの理想の家の形をイメージしました。その結果、かなり凝ったつくりの家を建てることになりました。シンプルな形の家に比べると、凝った形の家は健在をたくさん使う必要があるため費用が高くなってしまいます。また特徴のある間取りにしてしまったため、若干住みにくいと感じることもあります。他の家と比べると個性的で、「私の家」という感じがして誇らしくもありますが、もっとシンプルな家にすれば、費用も安く、結果的に住宅ローンも楽に返済で来たのではないかと思います。またこれから老後を迎えた時にバリアフリーな家に改築する必要が出てくるでしょう。その時は、もっと住み心地を重視したシンプルな動線の間取りに直したいと考えています。これから注文住宅で家を建てる人の参考になれば幸いです。