地震の多い日本で地震に強い家づくり

地震大国と呼ばれるようになっている日本では、地震の被害を受けない地域はない、というくらいにどこでも大きな地震が発生する危険があります。地震の時に大きな被害を受けるのは、耐震設計のなされていない、古い住宅が圧倒的に多く、注文住宅での一戸建ての購入を検討しているのであれば、耐震設計にしたいというのは自然な願いではないでしょうか。

地震に強い家づくりは必須と思えますが、この部分にこだわりたいのであれば、建売住宅ではなく、注文住宅がベストです。建売住宅は、建築基準をクリアしているものの、どこまで地震に耐える設計なのかはわかりにくいです。悪くはないものの、強いわけではない可能性が高いでしょう。注文住宅ということであれば、コスト増になったとしても、コンクリートを深く大きく、強いものにしたり、鉄筋の数を増やしてもらったりして、高耐久で地震に強い家づくりにしてもらえるように提案できます。地震に強い家づくりができれば、精神的にも安心できます。