家を購入する時は、頭の整理をすることから始めるといいのではないでしょうか。まず、家に求める物の中で「最優先」したいのは何かを考えてみましょう。私の場合は「仕事優先」という答えが出てきました。現在している仕事をよりよく楽しくできるような家を建てたいと思いました。そこで私の所属する会社に通いやすい路線の沿線にあるエリアを、家を購入する候補地にしました。また明るくて広い書斎が欲しいと思ったので、そのような家を探しました。結果的に希望にかなうような建売住宅がなかったため、注文住宅にすることにしました。私のように仕事優先ではなく、「家族優先」の人なら、家のある街の治安が良いことや、家の周囲に学校やスーパーなどがあり暮らしやすいことを重視して家選びをするかもしれません。いずれにせよ、自分にとって何が本当に大切かを知れば、家に求めることが自ずと決まってくるでしょう。家族を優先したいのに、繁華街の真ん中にある家を購入するような失敗はないはずです。